はすみ歯科

綾瀬市の歯科,小児歯科,矯正歯科,口腔外科 はすみ歯科

0467-79-1889
〒252-1136 神奈川県綾瀬市寺尾西3-10-21
ところマンション1F


HOME»  診療案内»  義歯

義歯

入れ歯について

毎日の食事は快適に、楽しく味わいたいものです。しかし、入れ歯は単に物を食べるだけの道具ではありません。
自然な口元や歯を形成したり、話をするのにも入れ歯は重要なものです。

入れ歯を意識せずに食事や会話ができれば気持ちも明るく自信も生まれてきます。そのためにもしっかりとした事前の検査や顎の形の測定などを綿密に行い、適合の精度の高い入れ歯、患者様のニーズに合わせた入れ歯が必要になります。

患者様ご自身でもしっかりと自分に合った入れ歯を製作してもらえる歯医者を選ぶことが重要です。

 

どんな入れ歯があるの?

金属床義歯

保険の入れ歯では、入れ歯の土台(床)の部分はプラスチックで作られます。十分な強度を持たせるために床が厚く作られ、そのために食事の温度がお口に伝わらなかったり装着した時に違和感があったりします。

金属床義歯とは、土台となる部分を金属が作られた入れ歯です。金属を使用することで、薄い土台でも強度を持たせられ、装着感より自然です。また、金属が熱や冷たさを伝えるので、食べ物の味そのものの味を味わえます。
料金:150,000円~

 

ノンクラスプデンチャー

入れ歯のバネが歯茎の色をしており、金属の色が見えず自然な仕上がりとなります。

見た目を良くする、普通の入れ歯より強い樹脂を使う・・・という一歩進んだ治療のため、保険適用ではありませんが、見た目を気にされる患者様には好評です。
料金:108,000円~

 

目立たない入れ歯をお探しの方に、スマイデンチャーがオススメです

スマイルデンチャーの特徴


▲柔軟性があり割れにくい素材なので、入れ歯自体を作ることができます。

  • 金属クラスプが無く目立たない!
  • 高い柔軟性で割れにくい!
  • とても薄くて軽い!
  • 食べ物が挟まりにくい。
  • 痛くない。
  • 日本食品センターにて安全性を検査、合格している。

従来の保険の入れ歯とスマイルデンチャーの違いとは?

従来の保険の入れ歯の悩みは、噛めない・違和感がある・痛い・見栄えがよくないなど、若い方からご年配の方まで様々です。保険の入れ歯や部分入れ歯はプラスチック製ですので、割れないようにある程度の厚みが必要になります。そのことによって、硬い・痛い・合わない・違和感がある・見栄えが良くない、などの様々な悩みにつながるのです。費用面では、保険適用ですので安価ですが、作り直しをする人が後を絶たず、法的に6ヶ月間は作り直しをすることが出来なくなりました。

スマイルデンチャーを保険の入れ歯と比較してみると、一見、似たような材質に見えますが、スマイルデンチャーは割れないのが特徴なので、軽く・薄くつくることができ、違和感も少なくなります。

 

スマイルデンチャーを使用した例

 

料金表

種類 料金(税込)
スマイルデンチャー片側 108,000円
スマイルデンチャー両側 162,000円
スマイルデンチャーCプラス(コバルトクロム床) 216,000円
スマイルデンチャーTiプラス(純チタン床) 324,000円